SSブログ
前の10件 | -

レールレベルの修正 [レイアウト制作]

前回の試運転で問題になったレイアウト全体のレールレベルを調べます。

春セクションから調査を始めます。

まずは前回のテスト走行でEF66がスロー走行になったポイントレール。

※ここから似たような画像が続きますが、ご容赦ください。

levelshusei1.jpg
外側が高くなっています。

levelshusei2.jpg
春~夏セクション間のレールも外側が高いです。

levelshusei3.jpg
更に春セクション左側のポイントレール付近も外側が高くなっていました。

続いて冬セクションを調べます。

levelshusei4.jpg
前回のテスト走行でキハ58が脱線した箇所のレール外側が高くなっています。

levelshusei5.jpg
その先のレールも同様になっていました。

levelshusei6.jpg
この部分は内側が高く、逆カント状態になっています。

続いて秋セクション。

levelshusei7.jpg
このセクションの直線区間は全線外側が高い状態でした。

最後に夏セクション。

levelshusei8.jpg
春~夏セクションカーブ部分。

levelshusei9.jpg
夏セクション上部カーブ部分。

このセクションは外側が高い状態でした。

改めて全体を調べてみると、結構な区間のレベルが合っていない状態でした。

前回仮修正した秋~夏セクション部分を含め、現在のところ脱線はないのですが、脱線対策を完全にするためにレールのレベルを修正します。

自然にカントがついているカーブ区間もありますが、車両によってはカントを付けると脱線するものもあるのでカントは付けないことにします。

まずは春セクションから行います。

枕木の下に0.3㎜と0.4㎜厚プラバンを挟んでレベルを修正します。

levelshusei10.jpg

levelshusei11.jpg
春セクションの修正が終わりました。

続いて冬セクションに移ります。

levelshusei12.jpg
冬セクションも終了しました。

続いて秋セクション。

levelshusei13.jpg
この部分はほぼ全域が外側に傾いているので修正に時間が掛かりました。

最後に夏セクションです。

levelshusei14.jpg
夏セクションの修正が終わり、これで全ての区間の修正が終わりました。

それでは試運転です。

levelshusei15.jpg
今回は489系さよなら能登とEF58青大将+特急はとにご登場願いました。



お付き合い、ありがとうございました。
nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新レイアウト試運転 [レイアウト制作]

先月部屋の前に夕顔の種を植えて約1か月経ちますが、4月中は寒い日が続いた影響か一向に芽が出てきません。

2021kadan3-1.jpg
夕顔の種まきの様子:春セクションレール敷設2(下準備2&敷設)https://ap2types.blog.ss-blog.jp/2021-04-23

2021kadan3-2.jpg
このまま芽が出てこないと、夏場の暑さが心配なのでホームセンターで夕顔の苗を購入しました。

2021kadan3-3.jpg
花壇に5株植えました。
暑くなるころには成長して、立派な日陰になってくれるでしょう。

本題です。

前回で外線・内線エンドレス部分のレールが繋がったので、改めて試運転を行います。

今回使用する車両です。

★KATO EF13+スハ32系中央本線普通列車7両

★KATO DF200+ななつ星

★トミックス EF66+KATO トラ45000+ポポンデッタ トラ25000・トラ35000・トラ40000・トラ55000・トラ4000

★KATO キハ28・キハ58

いずれも旧レイアウト改修工事のテスト走行で不合格になった車両達です。

まずはKATO EF13からテストを開始します。

testnew1.jpg

testnew2.jpg
EF13単機(内線)。

testnew3.jpg
EF13単機(渡り線)。

testnew4.jpg
EF13単機(外線)。

内線・外線・渡り線共に単機での走行はOKでした。

続いてEF13に客車を繋いでテストします。

testnew5.jpg

testnew6.jpg
脱線もなく、良好でした。

テストを続けます。

testnew7.jpg
★DF200+ななつ星。
こちらも良好です。

testnew8.jpg
★トミックス EF66+KATO トラ45000+ポポンデッタ トラ25000・トラ35000・トラ40000・トラ55000・トラ4000

testnew9.jpg
外線・内線共に脱線は無かったのですが、外線部分のポイントレール付近で時々減速・停止します。

ポイントレールを調べないといけないですね。

★KATO キハ28・キハ58

testnew10.jpg
外線を走行中…

testnew11.jpg
ここまでは快調でしたが、3両目の車両(キハ28)がポイントレールで脱線してしまいました。

ネットで原因を探ってみると、KATOのキハ58系はS字カーブ走行時にジャンパ線が隣の車両と干渉してカプラーが首を振らなくなり脱線することがあるようです。

testnew12.jpg
脱線直前の様子。
分かりにくいですが確かにカプラーが首を振ってないような?

testnew13.jpg
試しに、2両目のキハ58(モーター車)の片方に付いているジャンパ線を取り外してみました。

改めて試運転。

testnew14.jpg
今度は上手くいきました。
スムーズにS字カーブを曲がってくれます。

testnew15.jpg
が、今度はS字区間ではない秋~夏セクション間で再び脱線してしまいました。

再びネットで脱線の原因を探ってみると、原因の1つにレールの左右レベルが水平でないことが考えられるので、水準器で左右レベルを測ってみます。

testnew16.jpg
水準器で測ってみると、基準値をオーバーして、外側(左側)のレールが高くなっています。

testnew17.jpg

testnew18.jpg
応急処置として、該当区間のレールの下にプラ板を嚙ませて高さレベルを一定にしました。

testnew19.jpg
今度は上手くいきました。

それでは試運転の様子です。


先程のEF66が減速する原因も線路の左右レベルが水平でない可能性がありそうです。

一度レイアウト全体の線路レベルを調べる必要がありそうです。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大分農業文化公園・宇佐神宮 [旅行]

GW中の4/30(金)に大分県の大分農業文化公園と宇佐神宮に行ってきました。

大分農業文化公園
ホームページ:https://www.oita-agri-park.or.jp/




宇佐神宮
ホームページ:http://www.usajinguu.com/




大分農業文化公園はこちらのブログ(響は今日も道の上z・https://akane2.blog.ss-blog.jp/)で拝見して以来、行ってみたいと思っていた場所です。
参考記事:青に囲まれる響の休日 https://akane2.blog.ss-blog.jp/2021-04-21
     秋の休日ドライブ   https://akane2.blog.ss-blog.jp/2020-11-05

まずは最初の目的地、大分農業文化公園です。

7:10分に自宅を出て途中休憩を挟みながら9:25分頃に到着。
※今回は画像がかなり多めです。

oitanogyobunka1.jpg
正門。

oitanogyobunka2.jpg
園内案内板。

園内を散策します。

池の周りを時計回りに進んでいきます。
このコースは約5.4キロあります。

oitanogyobunka3.jpg
左の道を進んでいくと、お目当てのネモフィラが咲いていました。

oitanogyobunka4.jpg

oitanogyobunka5.jpg
開花のピークは少し過ぎていて、青一色とは言えませんが綺麗に咲いていました。

oitanogyobunka6.jpg
池の周りを歩いていきます。

oitanogyobunka7.jpg
正面ゲートの真裏、東ゲート付近のつばき園。

oitanogyobunka8.jpg
こちらはとうにピークを過ぎて、わずかな花しか咲いていませんでした。

園内を半周ほど過ぎた所でミニ動物園のある風のリズム広場へ寄り道。

oitanogyobunka9.jpg

oitanogyobunka10.jpg
ミニ動物園の名に恥じぬ?小さな小屋です。

中に入ってみると、6畳ほどのスペースにデグー、パンダマウス、モルモット、ホーランドロップ、ミニウサギがかごの中にいました。

oitanogyobunka11.jpg
モルモット(雄)。

oitanogyobunka12.jpg
モルモット(雌)。

oitanogyobunka13.jpg
ホーランドロップ。
垂れ耳が特徴的です。

oitanogyobunka14.jpg
ミニウサギ。
ミニウサギは小さめのうさぎの雑種の総称で、ミニと名がついていますが普通のサイズです。

oitanogyobunka15.jpg

oitanogyobunka16.jpg
デグー
ねずみの仲間で、すばしっこいです。
写真を撮るのに苦労しました。

※パンダマウスは写真を撮り忘れてしまいました。

風のリズム広場を出て、再び池の周りを歩いていきます。

oitanogyobunka17.jpg
めがね橋。

oitanogyobunka18.jpg

oitanogyobunka19.jpg
吊り橋。
しっかりと舗装されてます。

oitanogyobunka20.jpg
ゴール付近のハーブ園。

oitanogyobunka21.jpg

oitanogyobunka22.jpg
咲初めのラベンダー。
ミツバチが寄ってきています。

1時間20分程でゴールの正門に到着。

oitanogyobunka23.jpg

oitanogyobunka24.jpg
土産売り場でネモフィラ風ソフトクリームとネモフィラ風まんじゅうを購入。

ソフトクリームはヨーグルト味でさっぱりした味でした。

まんじゅうの方はチョコ、カスタード、つぶあんの3種類で酒まんじゅうっぽい感じでした。

※あくまでネモフィラ『風』なのでどちらもネモフィラは成分に含まれていません。

大分農業文化公園でウォーキングを堪能した後、第二の目的地宇佐神宮へ向かいます。

20分ほどで宇佐神宮に到着。

oitanogyobunka25.jpg
宇佐神宮仲見世(土産売り場)。

oitanogyobunka29.jpg
参道入口。

oitanogyobunka26.jpg

oitanogyobunka27.jpg
入口左側に大分交通宇佐参宮線で活躍していた26号蒸気機関車(製造:クラウス社)が静態保存されていました。

oitanogyobunka28.jpg
説明板。

oitanogyobunka30.jpg
コロナウィルス対策の臨時手水舎。

oitanogyobunka31.jpg
案内板。
本殿の他に小さな神社がいくつもあり、場内はかなり広いです。

oitanogyobunka32.jpg
宇佐神宮は上宮・下宮と2つの本殿があり、左の階段を上ると上宮、右に進むと下宮があります。

まずは上宮へと向かいます。

oitanogyobunka33.jpg
上宮に到着。

oitanogyobunka34.jpg
上宮本殿(国宝)。
一之御殿(八万大神)、二之御殿(比売大神)、三之御殿(神功皇后)と3つに分かれていて、それぞれの御殿に参拝するようになっています。

oitanogyobunka35.jpg
二礼四拍一礼の説明書き。
四拍は珍しいですね。

それぞれの御殿に無病息災とコロナ収束を祈願しました。

下宮に向かいます。

oitanogyobunka36.jpg
下宮本殿。

上宮と同じく3つの御殿に分けられています。

ここでも無病息災とコロナ収束を祈願しました。

oitanogyobunka37.jpg
昼食は大分名物のとり天にしようかと思いましたが、どじょう天ぷらの看板がふと目に入り、どじょう天定食を頂きました。

宇佐市は養殖どじょうの生産量が日本一だそうです。

どじょうは初めて食べましたが、泥臭さはなく外はカラッと、中がしっとりとした味わいでした。

久しぶりの遠出のドライブで、良い休日になりました。

お付き合い、ありがとうございました。


nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春セクションレール敷設5(右部分敷設3) [レイアウト制作]

春セクションのレール敷設 その5です。

今回は外線と内線ヤード部分のレールを敷設します。

haru5-1.jpg
レール敷設の前に、前回リード線とコネクターを繋げたポイントマシンとポイントレールを一体化します。

間にはポイントマシンの穴を塞ぐ蓋を挟みます。
参考記事:PECOポイント交換下準備 https://ap2types.blog.ss-blog.jp/archive/c2306213685-1

haru5-2.jpg
ポイントレールが完成しました。

レールを敷設します。

haru5-3.jpg
外線分岐ポイント部分と内線ヤード部分にレールを敷設していきます。

haru5-4.jpg
内線ヤード部分ポイントレール敷設中…

haru5-5.jpg
ポイントレールの敷設が終了しました。

zumennewrayout-haru-yardgap.jpg
画像オレンジ○部分には絶縁ジョイントを設置しています。
この先のレールジョイントに補助フィーダー線(画像緑○部分)を半田付けする予定です。

続いて春セクションと夏セクションを繋ぐレールを敷設します。
この部分の敷設が終われば、外線・内線共にレイアウトを1周するレールが繋がります。

haru5-6.jpg
春セクションと夏セクションを繋ぐレールを敷設しました。

haru5-7.jpg
新レイアウト構想から約4か月、ようやく1周エンドレスのレールが繋がりました。
これでレイアウトで列車を走らせることができます。

今回はここまでです。
次回はいよいよ試運転に入ります。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春セクションレール敷設4(右部分敷設2) [レイアウト制作]

春セクションのレール敷設 その4です。

春セクション右部分レール敷設の続きを行います。

まず敷設するポイントレールの下準備をします。

haru4-1.jpg
画像では分かりにくいですが、枕木をレッドブラウンで塗装しました。

zumennewrayout-haru-feeder.jpg

haru4-2.jpg
画像○部分の内線ポイントレールジョイントにパワーパックからの給電フィーダー線を半田付けしました。

zumennewrayout-haru-gaisenpointmachine.jpg

haru4-3.jpg

haru4-4.jpg
旧レイアウトから外したリード線付きポイントマシンを外線ポイントレール(画像○部分)に組み込みました。

残りのポイントマシンにリード線を半田付けしていきます。

haru4-4.jpg
半田付け中…

haru4-5.jpg
半田付けが終わりました。

リード線の先端にコネクターを繋ぎます。

haru4-7.jpg
接続が終わりました。

haru4-8.jpg

haru4-9.jpg
この作業中に注文していたポイントレール(PECO SL-E395)が届いたので、敷設の下準備として枕木をレッドブラウン塗装し、不要な枕木先端部をカットしました。

今回はここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春セクションレール敷設3(右部分敷設1) [レイアウト制作]

春セクションのレール敷設 その3です。

前回で左部分の敷設が終わったので、今回は残りの右部分のレール敷設を行います。

haru3-1.jpg

haru3-2.jpg
敷設の前に、春セクション₋夏セクション間の継ぎ目部分の隙間が4㎜程空いていたので、この部分に2㎜厚スチレンボードを貼り付けて埋めました。

レールを敷設します。

haru3-3.jpg
レール配置図を貼り付けます。

haru3-4.jpg

haru3-5.jpg
ポイントマシン部分に穴を開け、ポイントレールを敷設します。

haru3-6.jpg
内線⇔外線片渡り線まで敷設が終わりました。

haru3-7.jpg
片渡り線の敷設が終わった時点で、歯抜け部分の枕木を追加で設置しました。

この部分の枕木は全てのレールを敷設してしまうと追加が難しいので、先に済ませておきます。

haru3-8.jpg
残ったポイントを仮配置して数を確認してみると、○部分のポイントだけ分岐方向が違っていした。
(正→右分岐 誤→左分岐)

haru3-9.jpg
ポイント部分拡大。

新レイアウトの設計の時にこの部分のポイントの分岐を変えていたのを忘れていました。

止む無くこの部分のポイントを追加購入することにしました。

zumennewrayout-haru-pointotsuika.jpg
左分岐のポイントが余ってしまったので、この部分に設置して引き込み線を追加します。

haru3-10.jpg

haru3-11.jpg
レール配置とポイントマシン取付用の穴ををコルクボードに書き込みました。

haru3-12.jpg
ポイントマシンの穴を開けていきます。

haru3-13.jpg
穴開けが終わりました。

今回はここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春セクションレール敷設2(下準備2&敷設) [レイアウト制作]

先週、部屋の前の花壇を整備しました。

2021kadan1-1.jpg

2021kadan1-2.jpg
支柱が古くなっていたので、一旦撤去して竹で新たに支柱を組んでネットを掛けました。

2021kadan1-3.jpg
夕顔の種。

今年は数が少なく、保存状態が悪かったのかカビも生えてしまっています。

2021kadan1-4.jpg
殻を割ってみても画像のようにカビが生えてしまっています。

2021kadan1-5.jpg
カビの生えていない種が15個ほどあったので、これを蒔きます。

2021kadan1-6.jpg
種まき中…

2021kadan1-7.jpg
土を被せ、水を撒いて終了です。

1つでも芽が出てくれればいいですが、今年は種が少ないのでもし1つも芽が出ない時は朝顔の苗を買って植えることにします。

本題です。

春セクションのレール敷設 その2です。


前回で各セクション間の段差を解消したので、残っていた春セクション左部分の下準備に入ります。

haru2-1.jpg
いつも通りまずは道床を作成しますが、その前に冬₋秋セクション及び夏₋秋セクション間のレールを接続しておきます。

トレーシングペーパーに写しておいたレール配置図を重ねてみます。
haru2-2.jpg

haru2-3.jpg
冬₋春セクション間のレール配置が若干ずれてしまいました。

この部分はレール敷設時にアドリブで調整しましょう。

道床になる3㎜厚コルクボードを貼り付けます。

haru2-4.jpg
記入していなかった内線ヤード部分のレール配置図を追加し、コルクボードをカットして貼り付けます。

haru2-5.jpg
貼り付けが終わりました。

レールを敷設します。

haru2-6.jpg
川になる場所に跨線橋を仮配置し、フレキシブルレールをアドリブで敷設していきます。

haru2-7.jpg
ポイントレール部分はポイントマシン用に四角い穴を開け、リード線用の穴をドリルで開けます。

haru2-8.jpg
ポイントレールを敷設した様子。

haru2-9.jpg
ポイントレール裏側は貼っていたスチレンボードを一部カットし、リード線をガムテープで固定しました。

haru2-10.jpg
内線ヤードを除いたレールの敷設が終了しました。

画像上部の内線ヤード部分(レール配置図を貼っている部分)のレールは最後に敷設します。

今回はここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レイアウトセクション間の段差解消 [レイアウト制作]

春セクションのレール敷設準備が完了し、後はレールの敷設を待つのみとなっていますが、ここでレイアウトベースに問題が出てきました。

dansakaisho1.jpg
冬-春セクション間

dansakaisho2.jpg
冬-秋セクション間

上の画像のようにセクション間で段差が生じてしまっています。
段差は約2~3㎜、ひどい所では約5㎜以上の段差です。

このままでは各セクション間のレールを接続できないので、今回はこの段差を解消して線路レベルを一定に保つ作業を行います

まずは冬-秋セクション間の段差を解消します。

dansakaisho3.jpg
低くなっている冬セクションのレイアウトベースを裏返し、画像赤○部分に5㎜厚スチレンボードを追加し、緑○部分に2㎜厚スチレンボードと厚紙を追加しました。

dansakaisho4.jpg
きれいにレベルが合いました。

次は冬-春セクション間の段差を解消します。

dansakaisho5.jpg
こちらの方はかなり段差がついていたので、5㎜厚スチレンボード2枚と厚紙1枚を使用しました。(画像赤○部分)

dansakaisho6.jpg
こちらもレベルが合いました。

続いて秋₋夏セクション間の段差を解消します。

dansakaisho7.jpg
このセクションは段差が2㎜程度なので、厚紙で良さそうです。

dansakaisho8.jpg

dansakaisho9.jpg
画像赤○部分に厚紙を2枚貼り付け、レベルを合わせました。

最後は夏₋春セクション間の段差を解消します。

dansakaisho10.jpg
この部分は5㎜程段差がありました。

dansakaisho11.jpg

画像赤○部分に5㎜厚スチレンボードを貼り付けて、全てのセクション間のレベルが整いました。

dansakaisho13.jpg

dansakaisho14.jpg

dansaksisho15.jpg
最後にスチレンボードを追加した部分とコルクシートの縁をブラックジェッソで塗装して終了です。

これでレールを敷設する準備が整いました。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春セクションレール敷設1(下準備1) [レイアウト制作]

お陰様で病気もすっかり回復し、ようやく鉄道模型再開です。

秋、冬、夏セクションとレールの敷設が完了したので、いよいよ残っていた春セクションのレール敷設に入ります。

まずは1㎜方眼紙を貼り付けます。
春セクション左側の部分は既に終わっているので、今回は残りの右半分に貼り付けます。

haru1-1.jpg
貼り付けが終わりました。

レール配置を書き込んでいきます。

haru1-2.jpg
書き込み中…

haru1-3.jpg

haru1-4.jpg
書き込みが終わりました。

書き込んだレール配置をトレーシングペーパーに写し取ります。

haru1-5.jpg

haru1-6.jpg
写し取りが終わりました。

道床になる3㎜コルクシートを貼り付けます。

haru1-7.jpg

haru1-8.jpg
コルクシートの貼り付けが終わりました。

haru1-9.jpg
複線機関庫を置いた場所は旧レイアウトの時に設置していた自作のアッシュピット付きレールを敷設するので、この場所にはコルクシートは敷いていません。

今回はここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上野峡・白糸の滝 [旅行]

4/3(土)にイレウスから復帰し、現在自宅療養中の管理人です。

先日、気分転換も兼ねて福智町の上野峡(あがのきょうと読みます)を訪れました。

上野峡は小学生の頃行ったきりなので、約35年ぶりの訪問となります。

当日は福智山への登山者もちらほら見かけました。




aganokyo2.jpg
上野峡案内板。
白糸の滝、中宮神社、虎尾桜(エドヒガンザクラ)等付近の名所が記載されています。

aganokyo3.jpg
白糸の滝入口看板。
錆び錆びです。

aganokyo1.jpg

入口付近の駐車場に車を止めて、福智山登山口の坂道をひたすら登っていきます。(写真中央が管理人の車)。

15分ほど坂を上ると、福智山登山口と白糸の滝への分かれ道が見えてきました。

aganokyo4.jpg
左の道が福智山登山口、右が白糸の滝へと続く道。

白糸の滝が目的地なので右へと向かいます。

aganokyo5.jpg
けもの道のようなルートを進んでゆくと、赤い鉄橋が見えました。
その奥にうっすらと滝らしきものが見えます。

aganokyo6.jpg
更に進むと、滝が見えてきました。

滝にしては高さが低く、やけにショボいなとと思いましたが、あたりを見渡すとその奥に道が続いていました。

さらに先に進みます。

aganokyo7.jpg
所々に鎖が張られているとんでもなく険しい道を必死に進んで(登って)いきます。
落ちたら大けがは免れません。

息が切れそうになりながら慎重に進む事約10分、ようやく白糸の滝に到着。

aganokyo8.jpg
白糸の滝。

高さ25メートルのなかなか立派な滝です。

小学生の頃にここを訪れた思い出が蘇ってきました。

白糸の滝の右手に比較的歩き易そうな小道があったので、帰りはこの道を通って下りることにしました。

aganokyo9.jpg

aganokyo10.jpg
こちらは普通の登山道といった感じで、行きの道よりははるかに通りやすいです。

aganokyo11.jpg
道を下ってゆき、舗装された道に出て坂を下る途中、案内板にあった中宮神社が見えたので行ってみる事に。

aganokyo12.jpg
参道。
左手に本殿が見えます。

aganokyo13.jpg
本殿。

賽銭箱は本殿の中にあり、格子状の窓から賽銭を入れることができます。
無病息災を祈願しました。

aganokyo14.jpg
更に坂を下りると、車を止めていた場所のすぐ横の駐車所に出ました。

aganokyo15.jpg
電話ボックス横の案内板。
『白糸の滝』と案内板が見えます。

こんな事なら、最初からこの道を進んでいればよかったと後悔しました。

とはいえ、かなり歩いたのでいい運動にはなりました。

上野峡名物の虎尾桜は見頃がすでに終わっていたので今回は見に行きませんでした。
虎尾桜リンク:http://www.town.fukuchi.lg.jp/fukuchi_trip/spot/2002.html

桜の咲く季節に合わせて行きたいですね。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -