So-net無料ブログ作成
レイアウト制作 ブログトップ
前の10件 | -

信号所作成5(階段作成他) [レイアウト制作]

先日(2/17)の寒波で九州北部は雪が降り、翌日には雪が積もりました。

2020yuki1.jpg
我が家に雪が積もるのは約2年ぶりです。

2020yuki2.jpg
強風の影響で家の裏の垣根が倒れてしまいました。

2020yuki3.jpg
この下にはプランターがあり、スイートピーを植えていたのですが、垣根を元に戻してみると枯れかかっています。

暖冬の影響でしょうか、このままでは春に花を咲くのを見るのは無理そうです。

本題です。
信号所作成 その5です。

今回は信号所のディテールアップを行います。

まず階段を作成します。

zumenshingosho1.jpg
階段は図のように途中で90度に折れ曲がっているものが多いですが、作りやすさを考慮してストレート構造のものにします。

shingosho5-1.jpg
材料はグリーンマックスの『歩道橋』を使います。

shingosho5-2.jpg
歩道橋の階段パーツを画像の線で切断し、階段幅を5㎜に切り詰めます。

手すりを作成します。

shingosho5-3.jpg
厚紙に切り出した階段パーツを基に手すりを書き込みます。

shingosho5-4.jpg
手すりを切り出しました。
デッキ部分は90度に折り曲げています。

階段を組み立てます。

shingosho5-5.jpg
クラフトボンドで接着しました。

shingosho5-6.jpg
デッキ部分の床板(画像○部分)が足りなかったので、厚紙を現物合わせで切り出し、貼り付けました。

階段の支柱を作成します。

shingosho5-7.jpg
1㎜角プラ棒を18㎜長に切り出し、支柱と片方の筋交いを流し込みセメントで接着しました。

shingosho5-8.jpg
更にプラ棒を同じ長さに切り出し、もう片方の筋交いを接着しました。

2組の支柱を1つにします。

shingosho5-9.jpg
支柱間の幅5㎜で両面テープで端を留め、筋交いを接着します。

もう片方の筋交いを取り付けます。

shingosho5-10.jpg
18㎜長のプラ棒では先に接着した筋交いが干渉して取り付けられなかったので、8㎜長プラ棒の両端を斜めにそいで2本接着しました。

shingosho5-11.jpg
更に画像の部分に支柱を2本追加しました。

shingosho5-12.jpg
グレーサーフェーサーで下塗り後、手すり上部をX-8レモンイエロー、階段部分を信号所本屋と同じ色に塗装して完成です。

本体のディテールアップを行います。

shingosho5-13.jpg
2階入り口に厚紙で庇を取り付け、XF-64レッドブラウンで塗装しました。

shingosho5-14.jpg
本体をウェザリングマスターでウェザリングし、エクセルで作成した『安全✚第一』の標記を貼りました。

雨樋を作成します。

shingosho5-15.jpg
本体の寸法を測り、画像のような簡単な図面を作成しました。

shingosho5-16.jpg
0.8㎜洋白線を図面の通りに折り曲げ、ミッチャクロン→グレーサーフェーサーの順に吹き付けました。

横樋を作成します。

shingosho5-17.jpg
厚紙を53㎜×1.5㎜に切って、グレーサーフェーサーを吹き付けました。

shingosho5-18.jpg

shingosho5-19.jpg
雨樋と階段を取り付けて完成です。

次回は信号所をレイアウトに設置します。

お付き合い、ありがとうございました。







nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信号所作成4(組み立て) [レイアウト制作]

信号所作成 その4です。

いよいよ組み立てに入ります。

shingosho4-1.jpg
組み立ての前に、糊代兼補強用の2㎜角プラ棒を正面パーツに貼り付けます。

shingosho4-2.jpg
この部分は2㎜プラ棒では太すぎて窓から見えてしまうので、1㎜角プラ棒を貼り付けます。

下準備が終わったら、各パーツを組み立てます。

shingosho4-3.jpg
糊代にクラフトボンドを塗って妻面と正面部分を貼り付けます。

shingosho4-4.jpg
この部分は貼り付けていたプラ棒が干渉してしまったので、やむなくプラ棒を外して貼り付けました。

shingosho4-5.jpg
最後に2階の張り出している部分の床板(画像○部分)を現物合わせで切り出して貼り付けます。

shingosho4-6.jpg
組み立てが終わりました。

屋根を作成します。

shingosho4-7.jpg
屋根はこばるのプラノイタシリーズ『プラノイタ・瓦」で作ります。
※プラノイタシリーズは販売元のこばるが事業を閉鎖したので現在は入手困難。

shingosho4-8.jpg
瓦を48㎜×53㎜サイズに切って、短い方(48㎜)の真ん中部分(端から24㎜)にカッターで直線に筋を入れて屋根の形に折り曲げます。

shingosho4-9.jpg
大棟瓦(頂上の縦に伸びる瓦)と鬼瓦を貼り付けます。

shingosho4-10.jpg
屋根を裏返し、補強用の2㎜角プラ棒を貼り付け、グレーサーフェーサーで下地処理をします。

屋根を塗装します。

屋根は当愚麗鉄道指定の石州瓦色濃い目(X-6オレンジ:5+XF-7フラットレッド:3+XF-52フラットアース:1)で塗装します。

shingosho4-11.jpg
塗装が終わりました。

shingosho4-12.jpg
屋根を貼り付けました。

最後に信号所のベースを作ります。

shingosho4-13.jpg
2㎜厚スチレンボードを36㎜×60㎜に切り出し、グレーサーフェーサー→AS-2明灰白色の順にスプレー塗装後、ウォッシングをしました。

shingosho4-14.jpg
信号所をベースに取り付けて完成です。

shingosho4-15.jpg
レイアウトに置いてみました。

スペース的に結構ギリギリで、窮屈な感じがしますが何とか収まりました。

次回は細部のディテールアップに入ります。

お付き合い、ありがとうございました。







nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信号所作成3(窓の作成) [レイアウト制作]

信号所作成 その3です。

窓を作成します。

shingosho3-1.jpg
透明塩ビ板を窓の形に切って、裏側から窓枠に貼り付けていきます。

shingosho3-2.jpg
貼り付けが終わりました。

窓桟の作成に移る前に、仮組をしてパーツ同士の整合性をチェックします。

shingosho3-3.jpg
妻面と正面部分を合わせてみると、先ほど貼った窓ガラスが干渉して上手くくパーツが合いません。

shingosho3-4.jpg
そこで窓ガラスを画像の線の部分で切除して、パーツ同士がぴったりと合うようにします。

shingosho3-5.jpg
切除しました。

shingosho3-6.jpg
反対側のパーツも同じように切除しました。

窓枠を取り付けます。

shingosho3-7.jpg
妻面パーツの窓の端部分に壁と同じ色に塗った1㎜角プラ棒を貼り付けます。

shingosho3-8.jpg

shingosho3-9.jpg
続いてレッドブラウンに塗った1㎜角プラ棒を窓に貼り付けていきます。

一番上の窓枠は1㎜ほどしか長さが無いので切り出しに苦労しました。

shingosho3-10.jpg
何とか窓枠の貼り付けが終了しました。

shingosho3-11.jpg
反対側の妻面パーツにも貼り付けました。

shingosho3-12.jpg
続いて正面部分のパーツにプラ棒を貼り付けます。

shingosho3-13.jpg
こちらも貼り付け完了。

shingosho3-14.jpg
全てのパーツに窓枠を貼り付けました。

次回より組み立てに入ります。

お付き合い、ありがとうございました。







nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信号所作成2(塗装) [レイアウト制作]

信号所作成 その2です。

パーツを切り出します。

shingosho2-1.jpg
まずパーツをカッターで筋彫りをして窓枠と羽目板を表現します。

筋彫りが終わったら、窓部分を切り抜きます。

shingosho2-2.jpg
切り抜きが終わりました。

窓ガラスを入れる前の下準備をします。

shingosho2-3.jpg
窓ガラスは塗装を済ませた後裏側から透明塩ビ板を貼りますが、厚紙の厚さが窓桟のプラ棒より薄いのでそのまま貼ると後から貼る窓桟が少し飛び出してしまいます。

shingosho2-4.jpg
そこで0.3㎜厚プラ板を窓枠に沿って裏から貼り付け、段差を解消します。

shingosho2-5.jpg
1階部分の出入口扉を作るのを忘れていたので、急遽扉を作成しました。
寸法は2階部分出入口の扉に準じています。

shingosho2-6.jpg
プラ板の貼り付けが終わりました。

パーツを塗装します。

shingosho2-7.jpg
まず妻面上部分をXF-2フラットホワイト、窓枠をXF-64レッドブラウンで塗装します。

shingosho2-8.jpg

shingosho2-9.jpg
続いて羽目板部分をX-9ブラウン:1+X-21フラットベース:1+XF-1フラットブラック:1の割合で調合した塗料で塗装します。

shingosho2-10.jpg
最後に出入口扉をX-9ブラウン:1+X-21フラットベース:1+XF-1フラットブラック:1+XF-64レッドブラウン:1の割合で調合した塗料で塗装して完成です。

今回はここまでです。
次回は窓ガラスを作成します。

お付き合い、ありがとうございました。







nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信号所作成1(設計) [レイアウト制作]

ミニレイアウト整備の際に、気になったこの空きスペース。

shingosho1-1.jpg
大きな建物は無理ですが、信号所程度の建物なら収まりそうです。

広さを測ってみると信号所に丁度良い広さと判明。

場所的にも違和感が無いので、今回このスペースに木造の信号所を設置することにしました。

木造の信号所はグリーンマックスからキットが出ていますが、今回はフルスクラッチに挑戦します。

まずは建物の具体的なイメージを考えます。

zumenshingosho1.jpg
ネットで丁度良い図面を発見しました。

信号所は窓が小さいので、完全な図面通りの再現は難しいですが、そこは上手くアレンジしたいと思っています。

zumenshingosho2.jpg

zumenshingosho3.jpg
ネットで発見した図面を基に新たに図面を書き起こしました。

信号所の小さな窓を切り抜くのは難しいと判断し、窓枠は1㎜プラ角棒で別パーツ化とします。

屋根瓦はこばるの瓦屋根、階段はグリーンマックスの歩道橋セットを改良して作成します。

それでは作成開始です。

shingosho1-2.jpg
作成した図面を基に、厚紙に書き起こします。

shingosho1-3.jpg

shingosho1-4.jpg
書き起こしが終了しました。
今回はここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。







nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニレイアウト補修工事2 [レイアウト制作]

ミニレイアウトの補修作業続きです。

水田の作成を続けます。

2020repair-m2-1.jpg
あぜ道にボンド水溶液を塗り、モーリンのリアルサンド(黄土色)を撒きます。

2020repair-m2-2.jpg
乾燥後、XF-59デザートイエローとXF-60ダークイエローを混ぜた色を塗装します。

2020repair-m2-3.jpg
水田の部分はXF-52フラットアース、XF-1フラットブラック、XF-10フラットブラウンを適宜混ぜた色で塗装します。

2020repair-m2-4.jpg
水田にリアリスティックウォーターを注入します。
気泡が出ないように慎重に少しづつ注入していきます。

2020repair-m2-5.jpg
注入が終わりました。
この後箱を被せて丸1日乾燥させます。

2020repair-m2-6.jpg
注入から約12時間経過したところです。

注入後、下が水平でないのに気づかず右側に偏って流れていたので慌てて傾斜を付け直して均等に広がるようにしましたが、間に合わずにやむなく画像○部分に注入し直しました。

しかし先に注入した部分がすでに固まりだしていたので境目部分に段差がついてしまいました。

とりあえずはこのまま様子を見ます。

2020repair-m2-7.jpg
注入から約1日半経過しました。

結局段差は完全には解消できませんでしたが、これでOKとします。

2020repair-m2-8.jpg
レイアウトに嵌めてみたところ、少しずれていたので水田の下部分をカットしました。
まだ隙間が若干ありますが、後で草を生やして目立たなくします。

2020repair-m2-9.jpg
仕上げにコースターフ(明緑色)をあぜ道に撒布して完成です。

2020repair-m2-10.jpg
レイアウトに設置しました。

これで本線、小橋支線レイアウト共に補修工事が終わりました。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニレイアウト補修工事1 [レイアウト制作]

本線のレイアウト補修工事が終わったので、今回よりミニレイアウトの補修作業に入ります。

まずは樹木を植え直します。

2020repair-m1-1.jpg

2020repair-m1-2.jpg
枝が折れた樹木を撤去し、新たに樹木を植えました。

2020repair-m1-3.jpg


この場所にも樹木を追加しました。

2020repair-m1-4.jpg
続いて水田の補修に移ります。

泡立ってしまった水田は廃棄し、一から作り直すことにしました。

2020repair-m1-5.jpg
トレーシングペーパーで水田の型を取ります。

2020repair-m1-6.jpg
0.3㎜厚プラ板に転写し、切り抜きます。

2020repair-m1-7.jpg
プラ板に水田とあぜ道の位置を書き込みます。
水田は以前のものは3つでしたが、今回は2つにします。

あぜ道の幅は手前のものが10㎜、奥側と縦に伸びるものは7㎜にしています。

2020repair-m1-8.jpg
あぜ道に2㎜厚スチレンボードを貼り付けます。

2020repair-m1-9.jpg
貼り付け後、角を面取りして土台の完成です。

地面を表現します。

地面はリキテックスのモデリングペーストを使用します。

2020repair-m1-10.jpg
モデリングペーストをあぜ道に盛っていきます。

2020repair-m1-11.jpg
盛り付け終了。

形を整えて仕上げます。

2020repair-m1-12.jpg
粗めの紙やすりで凸凹をざっと削って完成です。

今回はここまでです。
次回に続きます。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レイアウト補修工事3(仕上げ) [レイアウト制作]

レイアウト補修工事 その3です。

2020repair2-17.jpg
湾曲している線路の補修を行います。

この部分の線路はレイアウトを作成した時に湾曲しているのには気づいていましたが、走行に問題がなかったのでそのままにしていました。

しかし改めて眺めるとやはり湾曲したままなのは見栄えが悪いので、補修工事のついでに線路を補修します。

線路を外します。

2020repair3-1.jpg
左端のバラストが盛っている部分に無水エタノールを塗って、バラストの接着剤を溶かした後レールを外します。

2020repair3-2.jpg
レールを外しました。

2020repair3-3.jpg
レールを0.5㎜ほど削ります。
マジックでマーキングして、削る位置の目安にします。

2020repair3-4.jpg
削った後、ジョイントを取り付けます。

2020repair3-5.jpg
レールを元に戻します。

2020repair3-6.jpg
バラストを撒いて、完了です。

2020repair3-7.jpg

2020repair3-8.jpg
線路の補修ついでに、樹木を3本植えました。

2020repair3-9.jpg
最後に前回単線架線柱に取り換えた部分の地面にフォーリッジを貼って終了です。

これで愚麗鉄道本線レイアウトの補修が終わりました。
次回よりミニレイアウトの補修工事に入ります。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レイアウト補修工事2(露天風呂他) [レイアウト制作]

レイアウト補修工事 その2です。

まずは涸れてしまった露天風呂に水を張ります。

2020repair2-1.jpg
水を張る前に、端に寄って固まってしまったリアリスティックウォーターを除去します。

2020repair2-2.jpg
リアリスティックウォーターのかけらを取り除いて、底を再塗装します。

2020repair2-3.jpg
リアリスティックウォーターを静かに注入します。

2020repair2-4.jpg
埃対策にウェスを被せました。
このまま固まるまで24時間待ちます。

固まるまでの間に他の個所を修理します。

2020repair2-5.jpg
接着剤が取れていた給砂塔(赤○部分)を接着し直し、緑○部分の架線柱基礎周りに明緑色のフォーリッジを貼り付けました。

2020repair2-6.jpg
夏セクションの公園の折れていた電柱を撤去して再度設置しました。

2020repair2-7.jpg
倒れていた鉄道員も地面に固定します。

2020repair2-8.jpg
露天風呂の水が気になったので固まる途中で中を覗いてみると、○部分に気泡のようなものが発生していました。

2020repair2-9.jpg
これではまずいので、気泡の箇所を錐で穴開けし、人形を立てて事なきを得ました。

最後は架線柱です。

2020repair2-10.jpg

2020repair2-11.jpg
碍子部分が折れた物や塗装が剥げたものを拾い出し、塗装し直します。

2020repair2-12.jpg
この部分の複線架線柱は無理に内股にして取り付けていたので撤去し、新たに単線架線柱を2本設置することにしました。

2020repair2-13.jpg
木製の架線柱はフラットブラウンでタッチアップ塗装し、仕上げにウェザリングマスターでウェザリングしました。

2020repair2-14.jpg
架線柱を設置し直します。

2020repair2-15.jpg
設置し直すついでに、レイアウトに建っている木製架線柱をすべてウェザリングしました。

2020repair2-16.jpg
露天風呂の水も固まりました。今のところ問題はないようです。
人形を移設した跡地をフォーリッジで目立たなくし、○部分に低い木を1本植えました。

2020repair2-17.jpg
ふと隣のアーチ橋を見てみると、線路が湾曲しています。
この線路も補修しないといけないですね。

次回はこの線路の補修に入ります。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レイアウト補修工事1(レール交換) [レイアウト制作]

いよいよレイアウトの補修工事を行います。

まずは外線引き込み線のレールを交換します。(画像の一番手前部分)

2020repair1-1.jpg
この部分は以前車両の動きが悪く、外線フィーダーの変更で一旦は正常に動くようになりましたが、しばらくすると通電不良になってしまいました。
外線フィーダーの変更:https://ap2types.blog.ss-blog.jp/2019-05-31

2020repair1-2.jpg
そこで原因を改めて突き詰めると、フレキシブルレール部分とバリアブルレールの間に2㎜ほどの隙間があり、ここが原因と特定しました。

実はレイアウトを作成した際、隙間が有るのは分かっていましたが、完成当初は問題がなかったのでそのまま放置していました。

今回レイアウトの全体的な補修をきっかけに、この部分のレールを交換することにしました。

早速作業開始。

レールを撤去します。

2020repair1-3.jpg
バラストを盛っている部分に無水エタノールを塗り込んでボンドを溶かし、ドライバーでバラストを撤去します。

2020repair1-4.jpg
レールを撤去しました。

新しいレールを敷設します。

2020repair1-5.jpg

2020repair1-6.jpg
PECOのフレキシブルレールを93㎜長にカットし、先端部分を金やすりで丁寧に削った後、撤去したレールの形に合わせて曲げます。

2020repair1-7.jpg
レールを繋げてみます。

手前部分が隙間が空いてますね。これでは以前と同じままです。

2020repair1-8.jpg
奥のレールを削ります。

再び繋げます。

2020repair1-9.jpg
今度は良いようです。

DE10で試運転。

2020repair1-10.jpg
良好でした。

レールを繋げます。

フレキシブルレールには道床が無いので、2㎜厚のスチレンボードを下に敷いて道床付きレールとの段差を解消させます。

2020repair1-11.jpg

2020repair1-12.jpg
スチレンボードをカットしてレールの下に貼り付けました。

2020repair1-13.jpg
仕上げにスチレンボードをフラットアースで塗装後モーリンのRストーン(Nバラストローカル:No.432)を撒布して完成です。

この後再び試運転を行いましたが、良好でした。
これで一安心です。

次はレイアウト内のシーナリー関係を補修していきます。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - レイアウト制作 ブログトップ